MENU


テスラ

denkizikkenbanner.jpg(21623 byte)

テスラ小伝
発明図鑑
テスラと日本
テスラ小事典
名言辞典
自然エネルギー論
生誕イベント
パナウェーブ騒動
テスラは遍在する
18 17 16 15 14 13 12 11 10
09 08 07 06 05 04 03 02 01 00
99 98 97
DVD・ビデオ
リンク

テスラ研究所
刊行書籍紹介

新戸雅章
ブログ
経歴
著作

遊行の風
遊行舎
遊行フォーラム
山内龍雄

発明超人 発明的想像力 天才博士





テスラ研究所

 テスラ研究所(代表・新戸雅章)はテスラ関係に限らず、出版、著作、翻訳、編集、講演などの活動を幅広く行っています。
 代表の新戸雅章は文章執筆、翻訳、編集などで30年以上の経験があり、著書も単著、共著あわせて30点以上にのぼります。科学・技術、SF、歴史物を中心に幅広い分野の出版に対応できます。
 ご興味のおありの方はメールでご一報ください。

プロフィール、これまでの主な仕事等はこちらから。

新戸雅章

★新戸雅章の主な著書
『平賀源内──「非常の人」の生涯』(平凡社新書)
『天才ニコラ・テスラのことば』(小鳥遊書房)
『江戸の科学者──西洋に挑んだ異才列伝』(平凡社新書)
『知られざる天才ニコラ・テスラ──エジソンが恐れた発明家』(平凡社新書)
『天才の発想力』(ソフトバンク・クリエイティブ)
『テスラ−発明的創造力の謎』(工学社)
『逆立ちしたフランケンシュタイン』(筑摩書房)
『バベッジのコンピュータ』(筑摩書房)
『ニコラ・テスラ未来伝説』(マガジンハウス)
『情報の天才たち』(光栄)
『超人ニコラ・テスラ』(筑摩書房)
ほか多数

発明超人ニコラ・テスラ
English version is now partly available.

Last modified: July.12,2020

あなたは累計人目の訪問者です。

テスラ.jpg(41439 byte)

はじめてお越しの皆様へ
 このHPでは旧ユーゴスラヴィア生れの発明家ニコラ・テスラの人と業績を紹介しています。はじめてお越しの方は発明家の生涯をまとめた「テスラ小伝」からどうぞ。
 テスラの発明に関連して、ワイヤレス給電(無線電力伝送)、太陽発電衛星、EV(電気自動車)、新エネルギー開発など、エネルギー、環境、宇宙の最新トピックスも掲載しています。

最新トピックス
2020.7.11:伝記映画『テスラ』の予告編が解禁
2020.6.5:映画『エジソンズ・ゲーム』が、2020年6月19日(金)に公開決定
2020.4.7:テスラ伝記映画『テスラ』の米国公開日が2020年8月21日に決定
2020.3.28:「エジソンズ・ゲーム」の公開延期決定
2020.1.27:東京工業大学の千葉明教授がIEEEのニコラ・テスラ賞を受賞
これ以前のニュースは⇒過去ニュースUBIK19へ



★伝記映画『テスラ』の予告編が遂に解禁(7.11)
ホーク
 2020年7月10日、テスラの誕生日にイーサン・ホーク主演のテスラ伝記映画『テスラ』の予告編が解禁されました。
 公開中の『エジソンズゲーム』はエジソンとウェスティングが中心で、テスラの扱いが小さいというテスラファンの嘆きが聞かれましたが、こちらは大丈夫。全編テスラ、テスラで押し通しています。
 主演のホークはもちろん、エジソン役のカイル・マクラクラン、ウェスティングハウス役のジム・ガフィンも決まってますよ。
 米国公開は8月21日限定公開予定とのこと(既報8月7日から延びた?)。日本での公開は未定ですが、必ず公開されると信じています。
 

詳しくはIMDbをご覧ください。

 
映画『エジソンズ・ゲーム』が、2020年6月19日(金)に公開決定(6.5)
ホーク  公開延期になっていた『エジソンズ・ゲーム』の6月19日(金)公開が決定しました。
 当初、4月3日の公開予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で延期されていたものです。
 中止になっていた前売券販売も6月5日(金)以降、順次販売され、事前に購入した前売券も引き続き使用可能とのことです。
 ただし、「今後、政府・各地方自治体から劇場へ休業要請や、不測の状況になった場合は、再度延期もしくは中止となる可能性もございます」と断っています。
 まだコロナ禍が収まったわけではなく、不安要素も残りますが、ともかく公開が決定されたのはよかったです。詳しくは公式サイトをご覧ください。

テスラ伝記映画『テスラ』の米国公開日が2020年8月7日に決定(4.7)
ホーク イーサン・ホークが主演のテスラ伝記映画『テスラ(原題:Tesla)』の米国公開日
が2020年8月7日に決定したと、米Varietyが報じています。
 本作は2020年1月のサンダンス国際映画祭で上映され、批評家から絶大な支持を獲得。科学や科学者を扱う優れた作品に贈られる「アルフレッド・P・スローン賞」にも輝いています。
 出演者はイーサンの他、ライバルのエジソン役に「ツイン・ピークス」シリーズのカイル・マクラクラン、ウェスティングハウス役にコメディアンのジム・ガフィガン、アン・モルガン役にイヴ・ヒューソン、J・P・モルガン役にドニー・ケシュウォーズ、サラ・ベルナール役にレベッカ・ダヤンと個性派ぞろい。
 監督・脚本は『ハムレット』(2000)『アナーキー』(2014)でイーサンと仕事を共にしたマイケル・アルメレイダが務めています。
 なお、アメリカでの配給権を獲得したのは、イーサン出演作『6才のボクが、大人になるまで。』(2014)、イーサン監督作『ブレイズ(原題:Blaze)』(2018)などを担当したインデペンデント系のIFCフィルムズです。
 公開までには新型コロナウィルス禍が沈静化しているといいのですが。

「エジソンズ・ゲーム」の公開延期決定(3.28)
シャノン  4月3日公開予定だったたベネディクト・カンバーバッチ主演『エジソンズゲーム』が新型コロナウィルス感染拡大の影響で公開延期されることなりました。ワインスタイン騒動で2年待たされ、ようやく日本公開という時にこれです。まったくついてないですね。
 現下の状況からして妥当な決定だと思いますが、それにしても残念です。
 延期後の公開予定日は、決まり次第公式HPや公式SNSで告知されるそうなので、我慢して待つことにしましょう。

  東京工業大学の千葉明教授がIEEEのニコラ・テスラ賞を受賞(1.27)>
千葉明  東京工業大学の千葉明教授がIEEEの2020年ニコラ・テスラ賞を受賞することが決まりました。「ベアリングレス・リラクタンスモータへの貢献」が認められ、2020年受賞者として選出されたものです。
 ニコラ・テスラ賞は名前の通り、1976年に二コラ・テスラにちなんで創設された賞です。創設以来44年間、毎年1人の研究者に与えられてきました。IEEEが出す各賞の中でも歴史がある賞として知られています。
 日本人の受賞者としては、1982年の誘導機型リニアモーターの理論的研究で知られる山村昌さんに続く2人目の受賞者となります。




 これ以前のニュースは過去ニュースUBIK19へ⇒



テスラ情報求む!

 テスラが登場したメディアに関する情報があれば、ぜひお知らせください。

◎情報・資料提供に感謝します。
佐藤修、Nakauci、浦野、南方森林、杉目麻希子、斎藤正樹、TARO、篠原博、Ben Buyger、江渡浩一郎、Masao Sakaguchi、白鳥和彦、松谷朗、浦野、山田五右衛門、Iguchi、牛嶋昌和、Ryu_kashin、Kazu、山口龍夫。(以上敬称略)



メディア関係の皆様へ

 映画、テレビ、演劇、アニメ、コミック、ゲーム、音楽、イベント、CD……。悲運の天才発明家ニコラ・テスラはあらゆるメディアのクリエーターにとって、きわめて刺激的な存在だと思います。
 この魅力的な人物を素材に想像の翼を広げていただけないでしょうか。それによってテスラの認知度が少しでも高まれば、本ホームページ制作者にとってもこれにまさる喜びはありません。資料面で必要があれば、できる限り協力させていただきます。

 *テスラ関係の企画・出版・イベントなどに興味のある方はご一報ください。



ニコラ・テスラを知っていますか?

Do You Know Mr. Nikola Tesla, The Real Inventive Genius?


肖像 テスラは発明王エジソン最大のライバルとして、電気工学と機械工学の分野に偉大な足跡を残した発明家です。中でも交流誘導モーターに基づく電力システムの特許と同調回路を中心とする無線の特許は、各分野の専門家から20世紀技術の基盤を築いた発明として最大級の賛辞を受けています。
 われわれが工場や家庭で思う存分電気を使え、ラジオやテレビの放送を享受できるのはテスラのおかげといっても過言ではありません。磁束密度をあらわす国際単位テスラ(1テスラが1万ガウス)は、こうした業績に対して贈られたものです。
 しかしながら功績に比してその知名度はあまりに低く、日本では専門家の間ですら無名という状況が続いています。その一方で陰謀好きのオカルチストたちが、根拠のない噂や誤解を撒き散らして、評価を損なっています。オウム真理教が彼を地震兵器の発明者に擬したことなども、その悪しき余波と言えるでしょう。
 本ホームページはそんな誤解にさらされてきた発明家の真実を、広く皆様に紹介すべく誕生しました。彼の人と業績を知れば、皆様もきっとこの才能豊かな人物のとりこになると思います。順次、拡張整備していきますので、なにとぞよろしくお願いします。


高機能HTML/XHTML/スタイルシート対応エディタ(Web Frontier)
●インターネット・エクスプローラー11.0で動作確認しています。
●当サイトへのリンクはフリーです。ただし掲載内容、および写真・動画等の無断転載、商用利用は固くお断りします。

1997-2019(C)Masaaki Shindo

その他、ご意見、ご要望は
テスラ研究所まで

テスラ研究所刊
『テスラ自伝』第2版売り切れ!


 テスラ研究所刊行のニコラ・テスラ唯一の自伝『テスラ自伝』(新戸雅章訳)は、おかげさまで完売しました。再刊の予定は未定です。



テスラ入門書の決定版
「知られざる天才ニコラ・テスラ─エジソンが恐れた発明家」
絶賛発売中!


平凡社新書

「知られざる天才ニコラ・テスラ─エジソンが恐れた発明家」
新戸雅章
平凡社新書
820円
好評発売中!!



新戸雅章訳
「インド科学の父 ボース」
工作舎

ボース
好評発売中!!



テスラvs.エジソン
激突!!
発想の帝王は私だ
天才の発想力
新戸雅章最新刊
「天才の発想力」

テスラ
エジソン

ミニ写真展

生家
生家1*(ゴスピチ)
生家
生家2-記念碑
トウェイン
ワーデンクリフ
(内部風景)

トウェイン
帽子と手袋
(テスラ博物館)

トウェイン
研究所内部
(ホーストン)

トウェイン
研究所の
マーク・トウェイン

トウェイン
テスラ銅像
(ベオグラード)

Tesla
テスラ80'
放送塔
ワーデンクリフ
*サムネイルをクリックすると拡大されます。

*(C)@Ben Buyger